潜在意識って何?

あなたは今までに、潜在意識という言葉を聞いたことがありますか?
人の意識には、「顕在意識(けんざいいしき)」と「潜在意識(せんざいいしき)」の2種類があります。

顕在意識とは、たとえば「今日は寒いから、今夜はシチューを作ろうかな」とか、
「晴れているから、友だちを誘って遊びに行こうかな」など、ふだんの生活の中で
感じることができる意識のことです。
一方、潜在意識は、自分では意識することができないけれど、生まれたときから心の中に存在しているもので、これまでの人生で得た経験や知識、記憶、人から言われた言葉などをすべて蓄積していると言われています。
よく、顕在意識と潜在意識は、氷山に例えられます。海中に沈んでいる氷山が潜在意識で、海上に出ている氷山が顕在意識です。

                        




 
 
この絵のように、意識のうち顕在意識が占める割合はわずか約3%しかなく、残りの
約97%は、潜在意識が占めているそうです。
この潜在意識、24時間休むことなく働いていて、あなたがふだん頭で考えている
こと、無意識に思っていること、願望など、繰り返し頭で考えている思いを蓄積し、
それを元にあなたの思考パターンや行動を作り出していきます。

潜在意識がプラスの方向に働いている場合には、たとえば前から欲しかった物が手に入ったり、したかったことを実現できたりと、人生を良い方向に導いてくれます。俗に
言う「引き寄せの法則」とは、潜在意識の働きをプラスに活用したものです。

ところが、マイナスの方向に働いてしまいますと、思うようにことが運ばない、なぜか
マイナスの出来事ばかりが起こる、行くところ行くところで嫌な人に出会ってしまう、せっかくお金が手に入ってもなぜか失ってしまうなど、生きにくい人生や思い通りに
ならない人生を作り出してしまうことがあるのです。
その原因となっているのが、潜在意識にこびりついてしまった「マイナスの思い」で、
これを「マインドブロック」と言います。

セッションで、マインドブロックを持っている人のお話を伺いますと、子どものころにお母さんから、たとえば「あなたは何をやってもできない子ね」「片付けが下手ね」「あなたはダメな子ね」など、傷つく言葉を繰り返し言われた経験を持つ方が、とても多くいらっしゃいます。
子どもは親からの影響を受けやすく、特に6歳までの子どもは、親から言われた言葉をそのまま吸収してしまうそうです。そのため、いつしか自分自身でもそう思うように
なってしまい、それがマインドブロックとなって、大人になってからの悩みの原因になってしまうことも、珍しくはないのです。

本来、人はマインドブロックなど1つも持っていない、まっさらな状態で生まれてきました。マインドブロックは、おもに成長の過程で周りからの影響を受けて、潜在意識に染みついてしまった物なのです。

潜在意識ヒーリングセッションでは、悩みの原因となっているマインドブロックを特定し、潜在意識の中から消します。マインドブロックからの影響を受けない状態を生み
出すことで、潜在意識がプラスに働くお手伝いをいたします。
セッションでは、実際にマインドブロックがあるかどうかを、あなたの潜在意識に確認した上で進めていきますので、マインドブロックがあるかどうか分からないという
方も、安心してセッションを受けて頂ければと思います。

潜在意識ヒーリングセッションは、マイナスの思いや過去のトラウマ、つらかった体験の記憶から解放されて、「今」この瞬間を生き生きと過ごしたいと願う方に、ぴったりのセッションです。マインドブロックを外して、あなたらしく生きてみませんか?